電話相談「色覚110番」

色覚異常に関する悩みや疑問について、電話で直接スタッフとお話できます。

 ・色覚異常に関する悩みを聞いて欲しい
 ・色覚異常に関する情報を得たい
 ・色覚異常とはどういうものか、知りたい
 ・遺伝について知りたい
 ・色覚異常について私には言いたいことがある
 ・うちの会社(役所、団体)の製品や計画は大丈夫か

進学や就職、資格試験のこと、遺伝のこと、何でもお気軽にご相談ください。
製品やバリアフリーなどについてのご相談もどうぞ。
あなたの体験談をお聞かせください。また情報の提供は大歓迎です。

転送電話でつなぎますので、少しお待ちください

下記の曜日と時間に電話すると、転送電話で当日の担当スタッフにつながります。
転送のための時間がかかりますので、電話を切らないで少々お待ちください。

電話番号は 03-3924-4110 です。
 火曜日 10:00~16:00
 土曜日 10:00~16:00
※祝日はお休みします。上記時間以外はFAX専用電話となっています。

スタートは1990年、これからも続けます

この活動は私たちぱすてるの大切な軸のひとつで、1990年から途切れることなく続いています。
電話相談で聞かせていただいたお話の中から、
私たちは色覚異常を取り巻く状況と、その変化を汲み取ることができます。
それは「ぱすてる」が次に行うべき活動の指針となっています。


【ホームに もどる】

毎年、各地で「ぱすてる学習会」を開いています

色覚異常の悩みや疑問について遠慮なく話し合うことのできる会を開こうと、
通信紙「ぱすてる」の読者に呼びかけて始めた「交流会」が「ぱすてる学習会」の前身です。
交流ばかりでなく色覚異常を学ぶ場ともなっていったことから、名称を「学習会」と改めました。
内容を少し変更して「シンポジウム」と呼んだ回も含め、年に1回または2回、
東京、大阪、福岡、京都、名古屋、横浜、仙台、神戸で開催してきました。
私たち「ぱすてる」にとって、重要な活動と位置づけていますので、これからも続けていきます。

専門家の講義、参加者によるフリートーク

まさに学習会という名のとおり、色々な立場の方が参加され、偏っていないのがぱすてる学習会の特徴です。
色覚異常の本人と、その家族の方の参加が多いのですが、
教育関係者、医師、研究者など、この問題に関心のある方でしたら、どなたにも参加していただくことができます。
毎回、色覚異常を研究している眼科医師の詳しい講義があります。
また、参加者によるフリートークの時間もあります。

話しただけで、聞いただけでラクになった

はじめて参加される方が多く、今まで誰にも言えなかったことを皆の前で話した、というケースが少なくありません。
ひとりで悩みを抱えていた方は、同じ悩みを持つ人に出会っただけで、悩みが軽くなったと言われます。
私たち「ぱすてる」の活動も、そのようにして始まったのでした。

高額なメガネを購入しなくても、文具店にある色フィルムを使って色の差を感じることができたという情報。
治療という名のもとに大金と沢山の時間を費やしたという体験談。こんな話を聞けたりする事もありました。
皆さんの大切な情報を共有しましょう。あなた自身もまた、情報を発信してください。
一人で悩んでいても仕方ありません。まずは参加してみてはいかがですか?

【学習会の募集を参照する】


【ホー ムに もどる】