通信紙「ぱすてる」100号(2016年冬号)配布中です

主な内容

★ついに100号! やっと100号! 新しい発想で未来につなぎたい
   創刊100号を機に通信紙『ぱすてる』は新たな出発をします。
   会の現状と今後について考えていることを記しました。

★連載/色覚異常と社会No.26 当事者問題の社会科学(16)

    ★ぱすてる学習会in大阪2017 報告
     一般参加者44名。講師、スタッフを含め総勢53名で行われました。

 次の方法でお申し込みください ----------------------------

★氏名、送付先を次のいずれかでお知らせくださ い。
  ・電話:03-3924-4110
    「色覚110番」の曜日・時間(火曜・土曜10時~16時)にお願いします。
  ・FAX:03-3924-4110
  ・メール:gpstl(アットマーク)pastel.gr.jp
    (アットマーク)は半角の@に変えてください。 
  ・郵便:332-0028 川口市宮町5-41 ぱすてる編集室      

★ぱすてる81号~99号 も同封して送ります。 購読料や送料はかかりません。

【ホームにもどる】

  ぱすてる99号(2016年秋号)の主な内容-----------------

★深刻に考えなくていい でも忘れないで!
   「ぱすてる学習会in東京2016」の報告。講義内容の一部も紹介して います。

★第70回日本臨床眼科学会、インストラクションコース大盛況
   東京女子医科大学眼科の中村かおる医師に、学会の報告と色覚検査に関連する「眼科医の今」について寄稿をお願いしました。   

★連載/色覚異常と社会No.25 当事者問題の社会科学(15)

 ぱすてる98号(2016年夏号)の主な内容 -----------------

★防げたはずの事故 車の運転は慎重に!
   2014年に起きたある出会い頭事故について、報道で伝えられたことのみでは納得がいかず、現地に行って情報収集し裁判を傍聴しました。

★連載/色覚異常と社会No.24 当事者問題の社会科学(14)

★ぱすてる学習会のお知らせ    11月に東京で、来年1月に大阪で学習会を開きます。

★活動支援金の報告
  2015年度も多くの方々から支援金をいただきました。心より御礼申し上げます。

ぱすてる97号(2016年春号)の主な内容-----------------

★わが子が色覚異常と知ったとき どうぞあわてないで!
   子供は親が心配するほどには困難を感じていない

★色覚外来に行くときの参考に
   楽しく受診できた幼い男の子「次はいつ行くの?」

★連載/色覚異常と社会No.23 当事者問題の社会科学(13)

★お知らせ 京都市で新しく色覚外来が始まりました

   ★ぱすてる掲示板ご案内

ぱすてる96号(2015年冬号)の主な内容-----------------

★色覚検査と診断にかかわる皆さんへ
~検査希望の児童・生徒増加が見込まれる2016年度を目前にして~
■伝えたいことがあります
■忘れてはならない三つのポイント

★連載/色覚異常と社会No.22 当事者問題の社会科学(12)

   ★ぱすてる学習会in東京2015--報告--
     参加希望者が多く、早々に応募を締め切りました。

ぱすてる95号(2015年秋号)の主な内容-----------------

★日本眼科医会が啓発活動
  [色覚に関する眼科医の取り組み]
[日本臨床眼科学会報告]

★座談会 色覚異常を取り巻く環境
  【第6回】色覚検査に対する考え方(4)■来年度、検査はどう行われるか
    ■検査廃止を訴える声もある
   ■以前の一斉検査に対する反省を土台に!
            ■ぱすてるの出番です

ぱすてる94号(2015年夏号)の主な内容-----------------

★「ぱすてる学習会in名古屋2015」の報告
  参加者から質問が相次ぎ、体験談や意見表明もありました。

★座談会 色覚異常を取り巻く環境
  【第5回】色覚検査に対する考え方(3)■かつてはこんなことがあった
    ■知識はどこまで普及しているか

★連載/色覚異常と社会No.20 当事者問題の社会科学(10)

★「ぱすてる学習会in東京2015」のご案内

ぱすてる93号(2015年春号)の主な内容-----------------

★神奈川で養護教諭が色覚の学習会
  県高等学校教職員組合養護専門委員会が、色覚をテーマに学習会を行いました。

★座談会 色覚異常を取り巻く環境
  【第4回】色覚検査に対する考え方(2)

★連載/色覚異常と社会No.19 当事者問題の社会科学(9)

★活動支援金の報告
  2014年度も多くの方々から支援金をいただきました。心より御礼申し上げます。

ぱすてる92号(2014年冬号)の主な内容-----------------

★「ぱすてる学習会in東京2014秋」の報告
  少し詳しく報告しています。

★「ぱすてる学習会in名古屋2015」のご案内

ぱすてる91号(2014年秋号)の主な内容-----------------

★多くの学校で色覚検査が行われなくなって11年
 「色覚の知識が薄れてきているのではないか」
課題があると感じて養護教諭が勉強会を開きました。

★座談会 色覚異常を取り巻く環境
  【第3回】色覚検査に対する考え方(1)

★連載/色覚異常と社会No.18 当事者問題の社会科学(8)

★電気関係の仕事、こんな工夫もあります
精密機器ではなく、大型のものを扱う仕事の場合の工夫を紹介しています。

ぱすてる90号(2014年夏号)の主な内容-----------------

★「ぱすてる学習会in東京2014」の報告
  参加者の話に、時代が変わってきていることを実感しました。

★座談会 色覚異常を取り巻く環境
  【第2回】学校でのある事例をめぐって(2)

★「ぱすてる学習会in東京2014秋」のお知らせ
今年2回目の学習会も東京で開きます。  

ぱすてる89号(2014年春号)の主な内容-----------------

★座談会 色覚異常を取り巻く環境/今、何が起こっているのか、どうしたら良いの か
【第1回】学校でのある事例をめぐって(1)

★連載/色覚異常と社会No.17 当事者問題の社会科学(7)

★『色の確認表』を知っていますか
  『先天色覚異常の方のための色の確認表』(著者:中村かおる・岡島修)についての紹介です。

★活動支援金の報告
  2013年度も大勢の方々から支援金をいただき、おかげさまで2014年度も活動を継続することができます。

ぱすてる88号(2013年冬号)の主な内容-----------------

★「ぱすてる学習会in神戸2013」の報告
  ”本当の障壁を考える”をテーマに学びあいました。

★連載/色覚異常と社会No.16 当事者問題の社会科学(6)

★色覚外来を受診するときの参考に
  色覚外来の受診と紹介状(診療情報提供書)についての説明。紹介状は他の診療科でも書いてもらえます。 

★色覚外来変更のお知らせ
三楽病院(東京都千代田区)の色覚外来は木曜日午後のほかに、第4土曜日午前にも行われます。

ぱすてる87号(2013年秋号)の主な内容-----------------

★運転免許取得時の適性試験の1科目「色彩識別能力」を見るのはこんな方法
自動車学校や免許センターで聞きました。色覚異常でもほとんどの人が合格できます。

★連載/色覚異常と社会No.15 当事者問題の社会科学(5)

★「ぱすてる学習会in東京2014」のご案内

ぱすてる86号(2013年夏号)の主な内容-----------------

★「ぱすてる学習会in神戸2013」のご案内

★活動支援金のお礼とご報告

★86号の発行が大変遅くなりました
事情により1・2ページのみの変則的な体裁としました。

ぱすてる85号(2013年春号)の主な内容-----------------

★学校での検査がなくなって10年、予想外の困難が生じたケースもある
色覚異常でも多様な職業に就く機会を得たが、業務に支障が出る場合がある。
・色覚異常の程度による業務への支障の目安(東京女子医大中村医師による)
・毎日新聞の記事から/色覚異常を早く知りたかった
・平成14年3月29日の文科省の通知より/学校は今後も検査を行う体制を整えること 

★連載/色覚異常と社会No.14 当事者問題の社会科学(4)

★卒業制作でこんな冊子ができました
美大の視覚伝達デザイン学科4年生の作品『色覚異常のはなし』を紹介。

★色覚外来変更のお知らせ
卯月眼科(大阪市守口市)の診療日が変更になりました。

 ぱすてる84号(2012年冬号)の主な内容-----------------

★”伝える”をテーマに「ぱすてる学習会in東京2012」、盛会のうちに終了
色覚異常をどう伝えたか

★第66回臨床眼科学会より、色覚関連情報

★色覚異常の基礎知識/きまぐれ講座第2回
色覚のタイプは網膜で働く錐体で決まります
色覚異常のタイプ別頻度を精密に計算しました
女性の色覚、保因者について

★こんな資料があります
日本学校保健会のホームページで見られる資料
「色のバリアフリーを理解するためのQ&A」


【ホームにもどる】