色覚異常とは何でしょうか

色覚異常とは、このあとに書くようなはっきりした原因があって、
正常色覚の人とまったく同じようには色を見分けることができない状態をいいます。
その程度は色覚異常のタイプと個人差によってさまざまです。
そのほとんどが先天性のもので、先天色覚異常といいます。遺伝性のものです。
このほかに後天性の色覚異常もあります。病気や事故のために色覚異常になったものです。

先天色覚異常の人の多くは、視力は正常者と変わりません。
学力、運動能力も正常者と変わりません。
色覚異常の人たちが見る世界は、正常色覚の人たちの予想とは違って、本人にとってはごく自然です。

日本人男性の20人に1人は先天色覚異常です。女性では600人に1人と少なくなります。
日本全体で 300万人余り。学校では1クラスに1人ぐらい、という計算です。
では、何が違うのでしょうか。

人はどうやってものを見ているか


私たちは目を通して光を感じ、物の形を見分け、色を見分けています。
眼球の奥には「網膜」(もうまく)という、光や色を感じる部分があります。
網膜で光を感じるのは、網膜に分布するおびただしい数の「杆体」(かんたい)
という細胞と、「錐体」(すいたい)という細胞です。
その数は片目あたり、杆体は1億個、錐体が数百万個。
これで物の形や色を見るのです。

目の錐体がカラーセンサーです

杆体は夜や暗闇で良く働く、感度の良い光センサーです。
錐体は明るいところで物を詳しく見るのに適した光センサーです。
また錐体は3種類あって、その組み合わせで色を見分けます。
つまり、錐体はカラーセンサーでもあります。

3種類の錐体は、S錐体、M錐体、L錐体です。正しくはS-錐体ですが省略ご免。  <(_ _)>
L錐体(旧称=赤錐体)は赤、橙(だいだい)、黄色、緑の波長に感度を持つセンサーです。
M錐体(旧称=緑錐体)は黄色、緑、青に感度があります。
S錐体(旧称=青錐体)は紫と青のセンサーです。

3種類の錐体は光があたると、それぞれの感度に応じて信号を出します。
3種類の錐体が等しく反応すれば、それは白です。もしくは無彩色です。
そして3錐体の反応に偏りがあれば、私たちは色を感じるのです。

色覚異常では、この錐体が正常色覚の人たちと少し違っているのです。

錐体のどれかが欠けると色覚異常になります

3種類の錐体のうち、L錐体が欠けると1型の色覚異常になります。
      「1型2色覚」か「1型3色覚」です。


M錐体が欠けると2型の色覚異常になります。
      「2型2色覚」か「2型3色覚」です。

そしてS錐体が欠けると3型の色覚異常になるはずなのですが、
      3型の色覚異常は探してもなかなか見つかりません。
      日本では100年に何人か報告があった、という程度に少ないようです。
錐体を2種類以上失った色覚異常もありますが、これについては別のページで。

1型と2型が大部分です

1型と2型の色覚異常は4タイプあります。
 「1型2色覚」、「1型3色覚」、そして「2型2色覚」、「2型3色覚」です。
この4タイプは見え方に共通する点があり、合わせて「先天赤緑色覚異常」と呼びます。

その割合は、日本人男性では5%、女性は少なくて、0.2%です。
そのほかの色覚異常は全部合わせても0.003%かそれ以下です。

正常色覚では錐体で色をどう見分けるか

L錐体は赤、橙、黄色、緑、
M錐体は黄色、緑、青、
S錐体は紫と青のセンサーです。
では、正常色覚の目はどうやって色を判断しているのでしょうか。

目に光が入って来ました。錐体さんたちに聞いてみましょう。
   L錐体(赤錐体)さん「明るいですね」
   M錐体(緑錐体)さん「明るくない」
   S錐体(青錐体)さん「とても暗いですね」
目の持ち主「Lだけ強い…分かりました。これは赤ですね」

別の光が入って来ました。今度は何色でしょうか。
   L錐体さん「今度も明るいですね」
   M錐体さん「これは明るいです」
   S錐体さん「暗いですよ」
目の持ち主「LとMが同じように明るい…それは黄色です!」

つまり、目はたった3種類だけの錐体の反応で全ての色を見分けるのです。
3種類の錐体の反応の比較が、色の判断のもとです。

1型と2型では色がどう見えるか

1型の色覚異常ではL錐体(赤錐体)が欠けています。でも赤が見えないのではありません。
2型ではM錐体(緑錐体)が欠けています。でも緑が見えないわけではないのです。

L錐体もM錐体も、どちらも緑、黄色、橙の波長の光には感度があります。
ただし単独では色は分かりません。光の刺激に対する反応の強弱があるだけです。
色の種類は反応の強弱を比較して分かるのです。
では、L錐体またはM錐体を失うとどんな見え方になるのでしょうか。

L錐体とM錐体の一方が欠けると、L錐体とM錐体の見え方の比較ができません。
すると、赤、橙、黄色、緑の色の違いが分かりにくくなります

これが1型と2型に共通する見え方です。
だから「赤緑色覚異常」なのですね。
でも、青と黄色のあざやかさは正常色覚と同等以上と思われます。

またS錐体は緑にも感度が伸びていますから、
M錐体とS錐体、またはL錐体とS錐体の、
残った2種類の錐体で別の色世界が広がっているかも知れません。
その色世界を共有する人たちがいたら、
何かの言葉で、何かの手段で、
その世界を表現してほしいものです。

【ホー ムにもどる】